減量かつ筋肉維持が可能?ザバス「ウエイトダウン」のダイエット効果に迫る

ザバスの「ウエイトダウン」は、筋肉量を維持・増加させながらダイエットをしたい方にはおすすめのプロテインです!

もちろん、適切な運動・食事と組み合わせることも必要ですよ。

筋肉は体の代謝を上げてくれるため、筋肉量を保ちながら減量をするのは非常にダイエットに効果的なのです。

今回は、「ウエイトダウン」のダイエット効果や口コミ、ダイエットを成功させるポイントについてお伝えします。

「ウエイトダウン」をダイエットに取り入れて、健康的にダイエットしましょう!

ザバスの減量向けプロテイン「ウエイトダウン」とは?

ザバスの「ウエイトダウン」という商品は、タンパク質を補うというプロテイン本来の働きに加えて、ダイエットにも効果的な要素を取り入れたプロテインとなっています。

ザバスの減量向けプロテイン「ウエイトダウン」とザバスの一番スタンダードなプロテインである「ホエイプロテイン100」の一食分あたりの栄養価を比較してみましょう。

主要栄養成分1食分(21g)当たり

ウエイトダウン ホエイプロテイン100
エネルギー 83kcal 79kcal
たんぱく質 15.0g 16.8g
脂質 1.3g 0.9g
炭水化物 2.7g 0.9g

エネルギーはホエイプロテイン100よりもウエイトダウンの方が4kcal低いですね。わずか4kcal・・・と思われるかもしれませんが、これを毎日摂取するとなると少しでも低い方が良いですね。

脂質と炭水化物に関してもウエイトダウンの方が低く、共に1gを切っています。

またたんぱく質量に関しては、ウエイトダウンの方が高くなっています。

ウエイトダウンはホエイプロテイン100に比べて、低エネルギー、低糖質、低脂質かつ高タンパク質となっており、ダイエットに効果が出るよう栄養価が整えられていることがわかりますね。

ザバスの「ウエイトダウン」のダイエット効果

ザバスの「ウエイトダウン」はダイエットに効果的に働く栄養素が多く含まれています。

ここでは、どのようなダイエット効果が得られるのかご説明します。

ソイプロテインがダイエットに効果的

ソイプロテインは大豆を原料としていて、植物性タンパク質であるため非常にヘルシーなプロテインです。

ホエイプロテインやカゼインインプロテインなどは動物性タンパク質であり、ソイプロテインに比べるとカロリーが高くなっています。

ソイプロテインは、ホエイプロテインやカゼインインプロテインに比べてヘルシーであるだけでなく、食物繊維が多く含まれています。食物繊維は、腸内環境改善の働きをします。

腸内環境が改善されることで、腸内の老廃物が排出され、ぽっこりと出ていたお腹がすっきりします。

また、腸の働きが活発になることで、血液循環が改善され、代謝アップにもつながります。

ビタミンやミネラルがエネルギー代謝に役立つ

ウエイトダウンには、ビタミンやミネラルがしっかりと含まれています。

体内で脂質や糖質を燃焼する際にはビタミンやミネラルが利用されます。

食事制限をして食べる量を減らしたとしても、これらが不足していると脂質や糖質は燃焼されず、脂肪として蓄積されて太ってしまうのです。

ウエイトダウンを飲むことでビタミンやミネラルがきちんと摂取でき、脂質や糖質の燃焼に役立てることができます。

ザバスの「ウエイトダウン」の口コミ

ザバスの「ウエイトダウン」を取り入れてダイエットを行なっている人や、過去に行なっていた人の良い口コミと悪い口コミについてご紹介します。

良い口コミ

かなり満腹感が得られるという口コミや、減量に成功したという口コミが多く見られました。
ザバスの「ウエイトダウン」を取り入れてダイエットをすることは、ダイエット成功の見込みがありそうですね。

H3-2:悪い口コミ

ウエイトダウンを飲んで、減量に成功する人がいる一方、なかなか体重が減らない人もいるようで、個人差があることがわかりますね。

また、ただ単にウエイトダウンを飲むだけでなく、食生活を見直す必要もあるため、その点を面倒に思う人もいるようです。
味や価格に関して不満に感じている人もいました。

ダイエットを成功させるポイント

ザバスの「ウエイトダウン」を取り入れたダイエットを成功させるポイントについて3つお伝えします。

食事前に飲む

ウエイトダウンは、食事の前に飲むことをおすすめします。

食事の前にウエイトダウンを飲むことで、血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

血糖値が急激に上がると、インスリンという物質が大量に分泌されます。

インスリンは血液中のエネルギーに使われなかった糖分をすべて脂肪に変換してしまいます。

つまり、血糖値が急激に上がると太りやすくなり、血糖値の上昇を緩やかにできれば、摂取する糖質の量が同じであっても、太りにくくなるというわけです。

これは、ウエイトダウンの消化吸収が遅いという特性と、食物繊維を多く含むという特性を活かした飲み方です。

消化吸収に時間がかかるために血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

加えて、ご飯などの糖質を食べる前に食物繊維をお腹に入れておくことで血糖値が上がりにくくなるというわけです。

朝食時に飲む

ウエイトダウンは、朝食時に飲むこともおすすめです。

ウエイトダウンのダイエット効果を紹介する項目でもお話ししたとおり、ウエイトダウンには食物繊維が豊富に含まれています。

朝食時に食物繊維を多く摂取することで、次の食事である昼食を食べたときの血糖値の上昇を抑えることができます。

昼食は、職場の人と食べることが多いのではないでしょうか。

昼食時に職場の人とランチへ行き、炭水化物を多く食べてしまっても、朝食時に食物繊維を多く摂取しておくことで、血糖値の急上昇が抑えられ、脂肪として体に蓄積されるのを防ぐことができます。

また朝食は、起きたばかりであまりお腹が空いていないために、食べなかったり少量で済ませてしまったりする人も多いのではないでしょうか。

朝食を食べないと、体の体温が上がらず代謝の悪い状態で活動することになり、エネルギー消費があまりされません。

そのため、ダイエット中の朝食は、むしろ欠かさずにしっかりと食べるべきなのです。

ウエイトダウンであれば、忙しい朝でも手軽に摂取することができるため、朝食時にピッタリですね。

運動・筋トレを行なう

ウエイトダウンには、脂肪燃焼効果のあるガルシニアエキスという成分が含まれています。

この成分を体内に取り入れて、脂肪燃焼がされやすい状態で体を動かすことで非常に効率よく脂肪燃焼が行なわれます。

多少の運動でも、通常よりは消費カロリーが増えるため、忙しくてガッツリと運動できない人でも痩せることができます。

そのため、ウエイトダウンの脂肪燃焼効果を得るためにも、少しでも良いので運動や筋トレの時間を設けて体を動かすと良いですね。

食事に気をつける

いくらダイエット効果のあるウエイトダウンを摂取しているからといって、暴飲暴食していては痩せることができません。

ダイエット中だという意識を持って、食生活を正すことも必要です。

逆にダイエット中は厳しい食事制限をして必死に痩せようとする人もいますよね。

食事制限をすることで食事全体の量が減って、ダイエットに必要な栄養素まで摂取できなくなってしまいます。

ダイエット効果を紹介する項目でもお話ししたとおり、脂質や糖質を燃焼するにはビタミンやミネラルが必要ですし、タンパク質を摂取しなければ筋肉量が減って基礎代謝が落ち、太りやすい体質になってしまいます。

そのため、ダイエットにおいては食事の栄養バランスが非常に大切です。

1日3食、栄養バランスの整ったものを食べることを意識しながらウエイトダウンを取り入れてダイエット行ないましょう。

まとめ

ザバスの「ウエイトダウン」はダイエットに効果的な要素が非常に多いプロテインであることがわかりましたね。

適切な運動や食事に加えてウエイトダウンを摂取することで、筋肉量を維持・増加しながら健康的にダイエットをすることが可能です。

ダイエットにウエイトダウンを取り入れて、ご自分の理想とする身体を手に入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です